過蓋咬合の矯正
Kagai

下の前歯が見えない~過蓋咬合~

下の前歯が見えない~過蓋咬合~

過蓋咬合(かがいこうごう)」とは、上下の歯の咬み合わせが深く、上の歯が下の歯をおおって、下の前歯が見えなくなる状態のことをいいます。こちらのページでは静岡県沼津市の矯正専門医院「石原矯正歯科」が、過蓋咬合の矯正治療についてご説明します。

過蓋咬合の原因

上の前歯が大きく伸びていたり、奥歯が正常な位置まで生えなかったりなど、遺伝的な要因が考えられます。また後天的な要因としては、食事の際の丸飲みや、やわらかいものばかり食べる習慣によって咬む力が弱くなり、下顎の骨が正しく成長しないなどが考えられます。

過蓋咬合のリスク

過蓋咬合がひどくなると、下顎の前歯が上顎の内側の歯ぐきに当たり、傷めてしまうことがあります。また、食べものをしっかり咬んで食べることができず、咬むたびに顎の関節に負担をかけてしまいます。その結果、顎関節症を引き起こす原因にもなってしまいます。

治療開始の最適な時期

成長期から治療を開始することが望ましいでしょう。具体的な開始時期は、患者さまの歯の状態をしっかり確認して判断しますので、まずは当院までご相談ください。

過蓋咬合の矯正についてよくある質問

Q1.過蓋咬合は矯正しなければいけませんか?

A1. 過蓋咬合がひどくなると、顎関節症の原因にもなることもあります。治療によって顎関節症のリスクを下げることができるので、お早めに一度ご相談ください。

症例紹介

症例紹介 症例紹介 症例紹介
症例紹介 症例紹介 症例紹介
【症例】
過蓋咬合
【治療法】
 
【参考費用】
【解説】
下の歯に上の歯が深く被さっているため、下の歯列がまったく見えない状態「過蓋咬合」の患者さまの例。この方の場合、咬み合わせが深すぎて食べ物を咬みにくかったり、下の歯が上の歯の内側の歯肉に触れてしまったりしていましたが、非抜歯で治療することができました。
当院の最新情報はfacebookから

PAGE TOP