子どもの矯正(1期)
Primary

乳歯と永久歯が混在している時期の矯正

子どもの歯は、乳歯が生えはじめてから10数年をかけ、すべての歯が永久歯に生え替わります。この期間中に歯ならびや咬み合わせが乱れた場合は、
1期と2期にわけて矯正治療を行います。1期の矯正は、乳歯と永久歯が混在している生え替わり時期に行う治療です。

こちらのページでは、静岡県沼津市の矯正専門医院「石原矯正歯科」が、子どもの矯正の1期治療についてご説明します。早期の矯正治療には、
さまざまなメリットがあります。お子さんの歯ならびが気になりだしたら、お早めに当院までご相談ください。

早期治療で土台を整える

早期治療で土台を整える

1期治療とは、乳歯と永久歯が混在して生えている時期に、咬み合わせや顎のかたち、大きさを整えて、永久歯がきちんと生えそろうようにうながす治療です。舌の癖を修正するトレーニングや顎を広げる装置で、歯が生えてくる土台を整えます。

永久歯がきちんと生える準備が整ったら、治療はいったんお休みです。永久歯が自然にきちんと生えそろうまで、定期的な経過観察を続けていきます。

早期治療のメリット

早期治療のメリット

子どもには虫歯や歯周病の治療痕がほとんどないため、シンプルな治療が可能です。土台となる顎から整えていくことで、たいせつな永久歯を抜かずに矯正できる確率が高くなり、ワイヤーをつけての矯正期間が短くなったり、不要になったりします。

歯ならびをきれいに矯正することで、将来にわたってお子さんのコンプレックスを取りのぞくことができます。心身ともにすこやかな発育をうながすことにつながりますので、早期の治療をご検討ください。

計画的な治療でゴールへ導きます

計画的な治療でゴールへ導きます

お子さんの矯正治療を行ううえでの目標は、一生自分の歯で咬める歯ならびにすることです。そのためにも、永久歯が生えそろう前の時期から、計画的に矯正を行う必要があります。当院では豊富な矯正経験と長年の実績にもとづき、治療計画を立案します。

1期治療と2期治療は別々のものではなく、一連の矯正治療とお考えください。2期治療のゴールは最終的に永久歯列を整えることです。この目標を達成するために1期治療が必要ないと判断した場合には、治療は行わずにそのまま経過観察を行います。

人の歯の生え方は一人ひとり異なります。無料のカウンセリングもご利用いただけますので、治療をお考えの方はお早めに相談にお越しください。

当院の最新情報はfacebookから

PAGE TOP